「ダサい」アパレル販売員の条件知ってますか?

こんちは、ヨツモト リョウヘイです。

 

ファッションも接客も「独りよがりなお洒落」より

「目の前にいるお客さんが喜んでくれるお洒落」な方が

良くないですか?

 

アパレル販売員なら「ダサい」は致命傷です。

 

(まったく理解できないシリーズ。)

 

 

馬鹿みたいに商品知識だけを喋り倒すだけだったり

お客さんに聞かれた質問にの答えに詰まってあたふたしたり。

 

こんな「ダサい」接客したくないですよね?

 

 

お洒落な接客する為には?って答えは、

 

お客さんが一番必要としている情報を、

あなたが選択してスマートに教えて

あげる事が出来る。

 

 

お客さんが欲しいのは「自分の新しい未来」

 

世の中の販売員のセールストークの大半が「商品知識」で

しめられています。

たとえそれがラグジュアリーブランドであっても

「モノ」の良さを伝える一辺倒です。

 

素材が、モデルが、機能が、トレンドが。

 

本当にお客さんが必要としているのは

その情報が分かった後でその商品が自分にどう役に立つか?

ここが大切だってコトもこのブログでは何回もお伝えしていますよね。

 

でも、これって別に「商品知識」なんて別にいらないって

言っている訳じゃないんです。

どちらかといえば「逆」です。

 

その商品の知識を誰よりも理解しているからこそ

そのお客さんに一番適した利用の仕方を提案できる。

 

あなたのお店の全ての商品の知識を誰よりも一番理解して

情報を持っているからこそ、お客さんの問題を解決できる

最適な選択肢を、つまり商品を選んであげられることができる。

 

 

このインプットの量と質によってあなたのお客さんへの接客が

「ダサく」みえるか?「お洒落」にみえるか?の分かれ目になってきます。

 

 

「ファッション」であなたは何を変化されますか?

 

僕が考えるお洒落の定義「ファッションコントロール」で考えると

より分かりやすいと思います。

 

簡単に説明すると「自分が着たいモノを着るお洒落」ではなく

「今日どこに行って誰にあって何をするか?」から発想を

スタートしてするお洒落です。

 

ファッションであなたの見た目から

相手に影響力を与えてイニシアチブを握る。

 

その為にはトレンドや服の着こなし方など

ファッションに関わる情報を持ち合わせている方が

より影響力を高める「お洒落」ができる事は言うまでもなくです。

 

どんなコトでも「情報」をもってしないと自分が選択できる数や

組み合わせる知恵が狭ばり、結果的に質の低いアウトプット

しかできなくなりますからね。

 

つまり「ダサい」格好しか出来なくなる。と。

これと同じですね。

 

あなたの接客はどうですか?

ダサい接客になってない?

 

カッコだけじゃなくて接客も

「お洒落」な販売員にならんとね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です