「販売職は拘束時間が長いから自分に投資する時間がありません」て人が転職しても「時間貧乏」から抜け出せない理由。

こんにちは、ヨツモトです。

「アパレル販売員は拘束時間が長い仕事で自分の時間が持てない」

アパレル販売員が転職を考えるときにあげる理由の1つとして
いつも上位に上がってきます。

閉店時間だけを見れば通常でも20時閉店。
ショッピングモールなどになれば22時閉店なんて店も存在します。

確かに閉店時間だけを見れば世の中の「会社員」の方達と比べると仕事の後に
プライベートとして取れる時間は少なくなる。
閉店時間の後でって考えれば。

でもね、ちょっと考えてみてくだい。

本当にアパレル販売員だから「自分のプライベートの時間」を持ちにくい環境なんでしょうか?

販売員じゃない会社員になれば「自由な時間」は増える!ってのは「まやかし」

世の中の会社員の方は月曜から金曜まで大体9時から18時半ごろまでが
一般的な「拘束時間」となります。

ですが日本の会社員で定時通りの「18時半」で帰宅できる方達はどれくらいの割合
でいるでしょうか?

僕のイメージだと殆どの会社員の方がいつも日常的に1時間ほど「残業」して19時半。
下手したら22時ごろまで残業されている方もいるようなイメージです。

これが月曜から金曜までの5連勤。

しかも、会社員の方達は通勤時間が重なる「満員電車」という非常にストレスがかかる
通勤方法をとって出勤しています。

 

では、一方でアパレル販売員などの販売職はどうでしょうか?

先ほど書いたように確かに「閉店時間」は20時以降が多くなっていて普通の会社員より遅いかもしれません。
ですが、小売店の販売職は基本的には「シフト勤務」ですよね?

店の開店準備の為に開店30分前から出勤する早番。
店の閉店後作業の為に閉店30分後までの勤務の遅番。
の二交代制って言われるものが多い。
(店舗によっては中番と言われる、この中間の時間帯もあります。)

基本的には世の中の会社員と同じく拘束時間は休憩時間も含めてほとんどが「約9時間」ほどになっているはずです。

しかもこのような店の開店閉店時間に合わせたシフト勤務になると、早番勤務としても
店への出勤時間は9時半が大半。(11時オープンなどの遅いところでは10時半。)
世の会社員の人たちのように「通勤ラッシュのピーク時のストレス度が半端ない電車」にのって
出勤することも回避できます。

遅番出勤ならなおさらです。
逆に「空いてる時間帯」の快適な電車などにのって出勤できてしまう環境ですよね。

シフト勤務の弊害として「休みが不規則」というのもありますが、最近は小売店の販売職でも
毎週ではありませんが「土日祝日」でも休みを取れるように配慮してくれる企業も増えてきています。

それに、僕個人の「好み」もありますが世の中の大半の人が休みでどこにいっても混雑している日に
自分の自由な時間があてられるよりも、平日が休みで空いている時間に自由な時間をとれる勤務体制の方が
自分の人生的には「豊か」に送れる時間をより確保できるメリットがあると思っています。

こう考えると、アパレル販売員だから拘束時間が長く自分の時間を確保しずらいっていうのは

どうも「アパレル販売員」だからではなくて「その人個人の問題」って事になります。

そうなると、そういった人が「自分の時間の確保」を理由に世の中の会社員に転職しても
拘束時間自体は変わらないで転職しても「自分の時間がない」って結局は同じ環境になって
しまう確率の方が大きでしょう。

 

アパレル販売員だから「自分の時間がない」のではなく、自分に投資する時間は「自分で作る」

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、結論でいうと自分の時間が持てないのは
「アパレル販売員」だからでもなく「拘束時間が長い」からでもなく、

自分に投資する時間は自分で作り出す事ができていないだけです。

あなたが将来の目的を決めていて、その為に自分に「自分の時間」を投資したいなら
尚更この意識を強く持たなければ、いつまでたっても「環境」を言い訳にして

時間がなくて何もできない自分のままから変化することはできません。

 

アパレル販売員のシフト勤務には逆に大きなメリットだらけです。

人間の集中力が一番高い朝起きてから昼までの時間の「ゴールデンタイム」
ストレス度が半端ない満員電車に乗ることもなく、出勤時間まで自宅で少なくとも
2時間は自分に投資する時間を確保することだってできます。

通勤の電車の中でも、満員電車でも無くある程度リラックスできる電車に乗れて
その中で読書をして知識を蓄えたり自分の将来の計画を練り直したり、スマホ使って
アイデアやブログの下書きだってできます。

あなたが興味のあるものや、将来のために見て起きたいものや場所だって
平日の時間を使って行動すれば、混み合った土日に行動するよりも何倍も効率的に
時間を使え、なんなら土日なら1つしか目的を果たせないのに平日なら3つぐらいこなせちゃう。

そんな時間の使い方だって可能です。

 

こう考えると普通の会社員やってる人たちよりも、あなたの捉え方1つでシフト勤務の販売員の方が何倍も効率的に自分に投資する自分時間を作りやすい環境にできる。
今のあなたに満足していない。
今のあなたの環境から変化したい。
今のあなたから自分が思い描く未来の形を作っていきたい。

 

そう思うなら今日から「自分のために投資できる自分の時間」を意識的に作っていきましょうよ。

いつまでも「***だから」って環境ばかりのせいにしてたら、気が付いた時には
いくら自分に時間を投資しても未来を作るまでにあなたの人生終わっちゃいますよ。

 

:「思い描く未来の形の作り方」が見えないなら立ち止まってるより相談した方が早くないですか?
たった2時間であなたの未来の形の輪郭ハッキリしますよ。

詳細はこちらから↓

「あなたの思い描いた未来」を諦めない為の2時間セッション

 

TopSellerの圧倒的な販売スキルを使った「マインドインサイトマーケティング」の方法を
暴露しちゃってるnoteも好評です。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です