小規模ビジネスこそ「戦略」も「戦術」も理解しておかないとね。

こんちは、ヨツモト リョウヘイです。

 

「戦略」と「戦術」。

 

違い分かりますか?

ファッション業界で働いていると、あまり馴染みのない言葉かもしれません。

ですが、「今の大多数のファッションブランドが苦戦している理由」がこの

言葉を使った説明で分かりやすく書かれていますので、ご一読を。

戦略的なユニクロと、戦略なき戦術に終始するファッションアパレル / TopSeller.Style

 

 

「戦術」「戦略」と「戦」の文字が入るので、やけに物騒に思えるかもしれませんが

現代社会で使われる言葉としては「マーケティング」を考える際によく使われますね。

先ほどの記事では「戦略」があってこその「戦術」。的な構成で書かれていますが
もう少し突っ込んで言うと「目的→目標→戦略→戦術」の順で考えていくのが

セオリーです。

 

アパレルマーケティングの基本的な考え方をまず知ろう。

 

目的は最上位概念。

目標は資源集中投下の具体的な的

戦略は資源配分の選択

戦術は実現する為の具体的なプラン

 

このような考え方になります。

 

ユニクロはこの当たり前といえる「マーケティング理論」にのっとって
ビジネスを展開し、そのビジネスのツールとして「衣料品」を商品としています。

 

僕が、先日書いた記事の中で「ユニクロとそれ以外となった」と記したのは

この「当たり前のコトができている差」がとてつもなく大きくなってしまっているからです。

 

ユニクロは「ファッション業界」で「ビジネス」を展開している

 

ユニクロは目的と目標をしっかりと定め、それを達成する為に戦略と戦術の組み直しを
続けてきました。

今回のホールガーメントの工場しかり、デニムの研究所しかりです。

 

既存のアパレルの戦略は、ほとんどが「ノーリスク」に近い戦略しか
とれていない。

この原因は、「目的と目標」が明確になっておらず、ただ単に「売り上げの回復」を
目的にするコトしかできないからです。
ですから「戦略」として資源配分ができずに、「戦略」を実行したとしても
そもそもの解決策には程遠い成果にしかならないのです。

 

いつまでも「ファッション」だけを「戦略」の柱にしてるうちは
今のご時世でお客さんに支持されるのは難しいですね。

これ、小規模な商売でも同様ですよ。

 

特に専門店的な展開をされている方々なら、
生き残っていく為に必須の考え方です。

 

販売の現場から見るマーケティング理論。

これができるのが、これからのTopSellerの能力です。

早いコト、育て行かないといけませんね。

頑張りますわ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です