「ポールスミス」というモンスターブランドの正体。

こんちは、ヨツモト リョウヘイです。

僕がアパレルの販売員としての基礎から
今のスキルを身に着ける事出来た会社。
いわいる百貨店のメンズブランドでは
今もモンスターブランドとして君臨しています。

 

「ポールスミス」の「強さ」はいったい何のか?

僕が会社を退職して10年ほどたった今考えてみました。

パリコレにもでているネームバリュー。
高い品質と、オリジナリティ溢れるデザイン。
デザイナー本人の人間的な魅力。
雑誌などの媒体からのイメージ訴求。

など、ここら辺の理由はぱっと思いつく。
でも、これだけの条件ならば他のブランドだって
満たしているわけなのです。
(勿論、これだけでも十二分に凄いんですけどね。)

 

ポールスミスの「強さ」の秘密は「ヒト」にある

外からは見えずらい部分で
僕が思う「強み」は

常に「顧客さん」をつくれ。「顧客さん」の事を考えろ!

まだ販売初めて間もない新人スタッフの僕にも
頭っから教えられた、この意識だと思っています。

クライアントやマーケッターとか
かっこいい横文字を教えられることは無かったけど、
常に「顧客」のワードを中心に教育されました。

年に2回展示会で来シーズンの自分の店の
展開商品をオーダーします。
この際も「***さんと***さんの為に。」とか
言いながらオーダーしてました。

年に何百億って売上叩くブランドなのに
下手すりゃ個人商店の買付みたいな
会話しながらオーダーしてました。

これって、今思えばすごいことだなと。
わかります、この凄さ?

本当のお客さんの情報がダイレクトに
MDに反映されていく事になる。
そりゃ、商品の精度も店頭の精度も
高くなって当たり前だなっと。

ぱっと見からはわからない「強さ」。

僕が育ててもらった売り場は
モンスターブランドの看板を背負った
「顧客さん」の事を四六時中考えている
ヒト臭さ全開の素晴らしいスタッフさん
あってこそ。

モンスターブランドの本当の正体は
マーケッター目線の販売員を育てる企業文化

ま、勝手な僕の解釈ですけどね。

今、改めてその時の鬼のような店長の
言葉が身に染みるんだわな。笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です