最後まで気を抜かない2つの理由。

こんちは、ヨツモト リョウヘイです。

 

何の最後までか分かりますか?

勿論、接客した後の最後までの事です。

 

接客したした後でも2つのパターンありますよね?

今回お買い上げ頂いたパターン。

今回お買い上げ頂けなかったパターン。

 

どっちも同じです。

 

最後ってのは、お客さんがあなたから後ろ向いた時。

ここで、気を抜く販売員がとても多い。

そして、ほんともったいない。

 

気を抜かい理由は2つ。

 

①あなたが接客したお客さんの為。

ま、これは当然。

②あなたが接客していないお客さんの為。

これ知ら無いヒト多い。

 

 

①は当然ですよね。

 

さっきまで、とてもあなたもお客さんも楽しそうに

話していたのに買っても買わなくてもお客さんが

「ありがとね」ってな具合にあなたに背を向けた瞬間

 

真顔に戻ってさっさと片づけし始めるヤツ。

 

実際に良くある話で、油断した瞬間に

お客さんが振り返ったり、少しして帰ってきたりして

なんか売場や店の空気をお客さんが感じてしまって

気まずくなるってパターン。

 

 

お客さんはさっきまでの温度のままなのに

販売員が素に戻ってしまっていて

なんだか、あわわってなるパターンね。笑

 

お客さんって敏感なんですよね。

最後の何秒かで今までの笑顔の対応が

ただ単に「売りたい」が為のモノだったのが

すぐに勘づかれます。

 

 

 

全て台無しになちゃう。

 

買った買わないは別にして

この最後のお見送りをキチッとできる販売員は

ファンがちゃんとつきますよ。

 

ですから、お客さんがあなたに背を向けてからも

販売員が余韻に浸りましょう。

最後までお客さんの為に時間を使ってあげるんです。

伝わりますから。

 

 

そして②.

 

売場や店にいるけど、あなたが接客していない

お客さんに対してのサービスです。

 

結構見られていますよ。

あなたが対応したお客様以外に。

 

あなた経験ありません?

 

隣で別の販売員が対応していたお客様が背を向けたとたん

直ぐににそっけなくしたり、別の販売員と急に違った態度で

雑談始めたり。

ひどい時は対応してたお客さんの感想話しだしたり。

 

で、勿論あなたにも、あなたが接客しているお客さんにも

その態度は見えているし、話も聞こえてくる。

こっちの空気が変わってしまう。

 

①の理由は分かってるヒトはまあまあ多い。

でもこの②を感じれてない販売員は数多い。

 

スペシャルな販売員は自分の対応した

お客さんへの接客を見せる事によって

お店や売場にいる他のお客さんにも接客してるんです。

 

この店は安心できるってね。

 

①&②

両方知っておきましょう。

 

明日から、あなたの「最後」変わってくるはずでしょ?

また一人、楽しいお買いものできるお客さんが増えるよ。

 

PS

これは新人や、まだ経験の浅いスタッフへの

アシストにもなります。

 

あなたがベテランの販売員であれば

店の空気をあなたの接客で作ってあげるんです。

 

今はまだ主役を張れない新人でも

1流の舞台に立って、1流の販売員を演じれる

空気を作ってあげる事ができますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です