研修講師のセミナースキルアップに「KAJISAC」をオススメする理由。

こんにちは、ヨツモトです。

知ってる人は知ってると思いますが、僕はヒューマンアカデミー大阪校ファッションビジネス科で週1で非常勤講師もやってます。
教えているのは「販売実技」という、セールス全般で早3年目。
毎回授業の大枠は決めていますが、生徒達からのニーズによって内容を決めていくスタイル。

で、最近ご依頼の多い「セールススキル」や「売れる仕組み作り」の企業内セミナーも同じスタイルでやってます。
僕はセミナー業で食ってる訳じゃ無いので、本業セミナー講師さんとは違って「自分のセミナーが売れるのがゴール」では無く「クライアントのニーズを満たし、ウォンツも創出し、売上という結果がでる」セミナーを心がけています。

最初から「出来上がった話し」をして終了。では無く、クライアントの店舗に出向いてのヒアリング→問題&課題の可視化→すぐにできる問題解決と上乗せしていく課題作成。

この流れを経てセミナーをやるんで、意外と企業内でセミナーをするまでに下ごしらえの時間がかかります。
セミナーではあるけど、ある意味コンサルと変わらない内容になってますんで、ご依頼の際は早めにどーぞ。
「来月やってよ!」とか、普通にきついです。笑

なので「来年お願いしてみよかな」なんて嬉しい事考えてくれてる素敵な人はお早めにお願いします。
今から相談してくれれば、けっこう年末年始の時間使って練りますよ。

ご相談やご依頼はこちらから↓

サービス

セミナーや人前で上手に話せる秘訣なんて、、、あるよ。

僕は接客販売という「言葉で話して表現する仕事」にこうしたブログ等の「言葉を書いて伝える仕事」に加えて、専門学校での講師業という「人前で話す仕事」をしているので、セミナーも上手です。

え?自分で言うなって?笑
だって、受けてくれた人が言ってくれるんだもん。笑

と、まあ上手かどうかはさておき、上記の仕事をやっている事が役にはたってる。
確実に。
でも、だからって何もしていないわけじゃないですよ。
ちゃんと「伝える工夫」も勉強しています。

今日は、僕が最近「これは参考になる」って思った動画を1本紹介しますね。

専門学校の授業でも使いました。

【すべらない話ですべらない兵動大樹さんに、1人喋りの極意を学ぶ。/ カジサック KAJISAC」】

 

(個人的にカジサック動画が最近お気に入りで他のも全部見てます。笑)

関西の方はもちろんの事、全国区でも「すべらない話」で大活躍でご存知の方も多い「矢野・兵動」の兵頭さんにカジサックさんが「一人喋り」の極意を教えてもらうってやつです。
詳細はぜひ動画を見て欲しいのですが、やはり「ただ単に面白い話」をしているのではなく、兵頭さんの

聞き手に最大限に笑ってもらえるように「話の編集力」

があってこそ。
「なんでこんなに面白く、人を惹きつける話の組み立てができるのだろうか?」という謎に答えてくれています。

講師業やってるなら、この課題やってみるといいよ

で、このセミナーなどの人前で話す講師業をされている方はちょっと動画見る前にやって欲しい事があります。

自分がここ最近見た「面白かった動画や番組」のプレゼンを考えて文字に書き起こして見てください。
プレゼン企画の時間は30分ほどでプレゼン時間は約3分とします。
自分が「これ面白れー!!」と思ったものを、相手にも「そうなん、それめっちゃ面白いやん!!見るわ!」と言わせるようなプレゼンができれば成功です。

誰かに聞かせれる環境があれば聞いてもらう。
なければ、一度自分の話を録音しましょう。

で、そのあとに先ほどの動画を見てください。
大切なポイントが何点も語られています。
そのポイントを踏まえて再度同じテーマでプレゼン企画を立てて見てください。

結構、変わりますよ。
同じテーマで作っても、けっこう変わる。

これ実は、僕の授業でもやりました。

ファッションの接客販売の授業でプレゼンさせんの?と思うかもしれませんが、店頭の接客販売なんて「即興性の高いショートプレゼン」の連続です。
これだけ時間もらったプレゼン企画作るのなんて楽勝でなければダメですね。

なのでセミナー講師だけでなく、販売業の方にも良い訓練ですよ。

セミナー業や講師業でお客さんを惹きつける企画とトークスキルを磨きたいなら、下手な「講師業を教える講師」なんかに教えてもらうより「話しのプロ」の漫才師さんの動画100本見た方が為になるよ。

さて、んじゃ今日もカジサック見て大笑い、、、いや研究するかな。笑

 

ご登録はこちらから↓
ヨツモトリョウヘイが作る「売れる仕組みの解説書」

ヨツモトが主宰のアパレル販売員の為の情報メディア「TopSeller.Style」
7人の筆者が毎日更新しています。↓

ヨツモトのSNS

Twitterはこちらから↓

FaceBookはこちらら↓

noteはこちらから↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です