期間限定PopupShopで弱小ブランドが失敗せずに売上を上げる方法

こんにちは、ヨツモトです。

一昔前までは「自分で新しいブランドを作って販売する」
これは、とてもハードルの高いビジネスでしたよね。
デザインしてサンプル作って量産して。

そして一番ハードル高いのが「販売」でした。

ですが、今や無料に近いコストで誰でも気軽にEC販売でスタートできますよね。
「BASE」や、何ならヤフオクやメルカリも販売するプラットフォームとして使えます。
集客だってSNSを上手く使えば、限りなく低いコストで可能です。

そういった背景を上手く使ってブランドを立ち上げ、売上規模もそれなりに作れているブランド。
けっこう出てきています。
正直、ハードル下がったなと。

ハードルが下がる事自体はとても良い事なんですが、反面入りやすいビジネスになった事で競争相手も増加。
大きな売上を沢山のプレイヤーで分け合っているような状態になってきている。

で、その団子状態から抜け出す一手として「リアルの販売の場」が再度注目されているわけですね。

ですが、このリアルの販売を自社でしようと思うと莫大なコストがかかります。
簡単に言えば家賃から内装から人件費から。
たとえどこかのデベロッパーにinShopとして入ろうと思っても上記のコストはほとんどかかって来ますし、むしろ長期的に店を抱える事業計画なんて立てられない。

そこで注目されているのが「PopUpShop」です。

だいたい1週間から2週間の短期間の期間限定店。
ファッションビルや百貨店などの商業施設のイベントスペースと呼ばれる場所に「臨時」の店舗を構える業態ですね。

デベロッパーからすれば「ノーリスク」で新しい商材やブランドをお試しでき、なおかつ売り場の鮮度を出すこともしやすい。
ブランド側も、基本的には家賃も内装の金もほとんどかからず短期間であるけどリアル店舗を構えて販売できる。
自分たちの顧客だけでなくデベロッパーが抱える顧客にも認知してもらえる。

Win-Winなビジネス。

そんな感じだったんですが、、、これも最近は「見慣れて来た」感じになってしまい。。。
PopUpだから!と簡単には売れなくなってきているのが最近の現実。

で、各ブランドさんの悩みとしては「PopUpやるとPRにもなるし、自社の顧客も呼べる。けど、デベロッパーの回遊客にももっと買ってほしい!」

つまりPopUpでかかる経費はちゃんとペイできる、なんならある程度儲かる売上が作りたい!!

そんな悩みを多く聞きますので、期待にこたえて見ました。

 

期間限定PopupShopで売上を上げる方法。

はい、ツイートしてみました。
たくさん反応あって「あ、やっぱみんな困ってるのね」と再認識。

僕自身が、ここ3年間ぐらい百貨店の中でクライアントさんのPopUpをかなり請負ってきましたし、自分自身でも売り場に立ってきたのでその経験からくる「売上を上げる方法」です。

 

はい、こんな感じです。

これを徹底するだけでも、かなり売上変わってきます。

いや、変わると言うよりも、、、

これぐらい準備してやらないと簡単にはPopUpShopで望む売上をあげる事は難しい。

 

ですので、かかった経費や時間を無駄にする事がないように、しっかり「準備」して望んで下さいね。

 

毎週火曜日(たまに水曜)の20:00に配信に配信してますメルマガ
ご登録はこちらから↓
ヨツモトリョウヘイが作る「売れる仕組みの解説書」

「売れる販売員」のセールススキルの総集編はこちら↓

ヨツモトが主宰のアパレル販売員の為の情報メディア「TopSeller.Style」
7人の筆者が毎日更新しています。↓

ヨツモトのSNS

Twitterはこちらから↓

FaceBookはこちらら↓

noteはこちらから↓

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です